FC2ブログ

category: 本  1/1

千住家の教育

4月から伊勢と名古屋を行き来しているため、移動中に本を読む量が増えました。最近読んだ2冊をご紹介します。~千住家の教育白書~~千住家、母娘の往復書簡~千住真理子さんのコンサートに以前行ったことがあり、どんなふうに育った方なのか気になり、手に取った本。家族のために必死に努力し、数々の困難と闘う母親の姿に感動し、読み始めると同時に引き込まれました。長男・博さんは日本画家、次男・明さんは作曲家、娘・真理...

  • 0
  • 0

小山実稚恵さんの本「点と魂と」

ピアニスト小山実稚恵さんの本を読み終わりました。コンサートホールのお手伝いをしている時に偶然お会いし、小山さんの柔らかい雰囲気に魅せられました。今年10月に行われるリサイタルのチケットも購入し、小山さんの演奏を楽しみにしている時に見つけたこちらの本。幅広い分野のプロフェッショナルとの対談で得られた、ピアニストの視点での気付きを、小山さんの言葉で綴られています。大好きなことや、追求したい世界があり、出...

  • 0
  • 0

奇跡のピアニスト ランラン自伝

まるで映画を見ているかのように一気に読み終わりました。奇跡のピアニスト郎朗自伝 ~一歩ずつ進めば夢はかなう~中国出身のピアニスト、ランラン。北京五輪開会式で演奏したり、現在放送中の「おんな城主直虎」でピアノ演奏を担当しているのでご存知の方も多いと思います。身体から音楽が溢れ出ている彼の演奏が大好きです。彼の息遣い、リズム感、音のふくらみ、静寂。ピアノで行き詰まった時は、いつも彼の演奏を聴いています...

  • 0
  • 0

蜜蜂と遠雷

直木賞を受賞した「蜜蜂と遠雷」を読みました。国際ピアノコンクールを舞台とした長編小説。ピアノの道で頑張っている人が、なんとなく心の中で感じてはいるけれど、なかなか言葉にできないことが文章にされていて、心に響く言葉が沢山ありました。小説のなかにこんな台詞がありました。「音楽をね、世界に連れ出すっていう約束。先生と話してたんだよ。今の世界は、色んな音に溢れているけど、音楽は箱の中に閉じ込められている。...

  • 0
  • 0