FC2ブログ

Welcome to my blog

コンクールの審査員

CATEGORY日常生活
COMMENT0
昨日はピアノコンクールの審査員のお仕事をしてきました。


ホール


今までは審査を受ける側、もしくはその指導者だったので、演奏後に受け取る採点と講評を見て、「審査員の方はこんなふうな見方、聴き方をされているんだな」とその後の練習や指導の励みにしていました。

だからこそ、自分が審査員をするときは少しでも練習の励みになるような講評を書きたいと思っていました。
でも、実際やってみると、きちんとした講評を書くことがどれだけ大変か痛感しました。
とにかく時間が足りない。
演奏の途中から、本当に短い時間で採点をつけて、講評を書く。もたもたしていると次の演奏が始まってしまいます。

朝からほぼ一日中集中して聴いていたので、終わったあとは結構疲れていました。
でも可愛いドレスを着た小さなお子さんから高校生まで、素晴らしい演奏に出会えて嬉しかったです。
一生懸命演奏している姿っていいですね。
応援しているという気持ちを込めて、一生懸命講評用紙に書き込みました。



コンクールの後は夜、東別院の盆踊りへ。


寺


フィナーレのテクノ法要は斬新でした

テクノ

スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.