FC2ブログ

Welcome to my blog

歌うようにピアノを弾く

CATEGORYピアノ教室
COMMENT0
ピアノのレッスンをしていると
「もっと歌って弾いてごらん。」
とアドヴァイスすることがよくあります。

ピアノは管楽器や声楽と違い、息を必要としない楽器です。
そして、ピアノは1音ずつ鍵盤を押さえて音を出すので、真面目に取り組むと、
ついつい1音ごと正確に打鍵することにとらわれてしまいます。
そうすると、正しく音を並べることはできても、曲として通して聴くと、そっけない、魅力のない演奏になってしまいます。
こういう演奏のことを「歌えていない演奏」と言います。

ピアノのレッスンで「もっと歌って弾いてごらん」と注意されたら、音と音の繋がりや、関係性に重点を置いて、楽譜を見直してみてください。
この音はどこに向かっているのか。
このフレーズの山はどこか。
どこからどこまでを一息で歌うのか。
曲全体のクライマックスはどこにあるのか。

隣り合わせの音だけでなく、大きなフレーズを取りながら骨組みの音だけを取り出して、大事な音だけを追ってみる。
そして、そのラインを歌ってみる。
呼吸を使って歌うと、音楽の流れが分かると思います。


ピアノ 縮小


ピアノって不思議です。
同じ「ド」の音でも、太くて深い「ド」もあれば、
キラキラして透き通るような「ド」を出すこともできます。

1つ1つの音にとらわれずに、フレーズごと、もしくは曲全体の音楽の「流れ」を身体と呼吸を使って感じると、どんな音色で出そうかイメージできると思います。

魅力な演奏ができるよう、ぜひ呼吸を使って歌ってみてくださいね
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.